カテゴリ:第2回 2005.07.18( 1 )

 

第2回家庭料理持ち寄り会★レシピ集(2005.07.18)

<料理No.>2−1
<料理名>かぼちゃスープ
<所要時間>20分
<材料>かぼちゃ、タマネギ、牛乳、固形スープの素、乾燥パセリ、塩少々
<つくりかた>
 ①かぼちゃは、種をとりのぞいて小口に切り電子レンジで柔らかくする
 ②タマネギは粗く切り、炒める
 ③固形スープの素は湯でとかしておく
 ④ ①②③と牛乳をミキサーで混ぜる
 ⑤鍋に④をあたためて、塩で味を整える
 ⑥食べるときに、乾燥パセリをのせて、できあがり〜。
<コツ伝授> あたたかくしても良し、夏は冷蔵庫で冷たくしても良い
<料理人>セツコ
d0071154_14453464.jpg


<料理No.>2−2
<料理名>ユウガオのあんかけ
<所要時間>15分
<材料>ユウガオ、しょうゆ、片栗粉
<つくりかた>
 
<コツ伝授>アゴの焼き干しを使うと、ユウガオの味を引き出しおいしく仕上がる
<料理人>ワタエ
d0071154_14484280.jpg


<料理No.>2−3
<料理名>夏野菜のマリネ
<所要時間>20分
<材料>タマネギ、かぼちゃ、ナス、ピーマン、キュウリ、揚げ油
    《合わせ調味料》らっきょう酢、りんご酢、しょうゆ、タカノツメ
<つくりかた>
 ①材料は、すべて小口切りにする
 ②①を野菜ごとに素揚げする
 ③②を合わせ調味料に漬ける
 ④冷蔵庫で冷やして、できあがり〜。
<コツ伝授>パプリカ等をいろどりに入れるといい!かも
      冷蔵庫で冷たくして食べる
<料理人>セツコ
d0071154_14485683.jpg


<料理No.>2−4
<料理名>こじゃがいもの大学イモ風
<所要時間>20分
<材料>じゃがいも(畑に放置されるくらいの小さなもので可)
    白ゴマ、油、さとう、しょうゆ、みりん
<つくりかた>
 ①皮付きのじゃがいもを洗い、油で素揚げする
 ②甘辛くしたタレをつくっておく
 ③揚げたじゃがいもをタレの中に入れ、コロコロころがしながら味をしみこませる
 ④照りを出すのにみりんを少々入れ、白ゴマをふりかけて、できあがり〜。
<コツ伝授>甘辛タレの代わりに、ピリッとした味付けもいい
      皮がカリカリすまで揚げる
      香りを出すため、白ゴマを指先でひねりかける
<料理人>フミエ
d0071154_1449924.jpg


<料理No.>2−5
<料理名>黒米ごはん
<所要時間>30分
<材料>米4合、黒米(すえひろの黒米2袋)、塩少々
<つくりかた>

<コツ伝授>もち米を入れることで、赤飯のような食感が味わえる
<料理人>フミエ
d0071154_14492366.jpg


<料理No.>2−6
<料理名>小ナスのいしる漬け焼き
<所要時間>30分
<材料>ナス、いしる、塩
<つくりかた>
 ①ナスは前日、塩少々といしるに漬ける
 ②漬けあがり具合をみて取り出し、こんがりやいて、できあがり〜。
<コツ伝授>ナスはなるべく小さいものを使い、こんがり焼く
      焼きたてをあたたかいごはんで食べると最高!!
<料理人>アキコ
d0071154_14493858.jpg


<料理No.>2−7
<料理名>焼アゴのなます
<所要時間>20分
<材料>アゴ、キュウリ、しょうが、酢、しょうゆ、さとう
<つくりかた>
 ①アゴは焼いて、骨をとり小さくほぐす
 ②キュウリは輪切りにし塩をふっておき、しょうがはせん切りにしておく
 ③キュウリをさっと洗いしぼって、酢、しょうゆ、さとうで味を整える
 ④ ①③をあえて、できあがり〜。
<コツ伝授>
<料理人>マサヨ
d0071154_14495299.jpg


<料理No.>2−8
<料理名>ナス、玉ねぎの天ぷら
<所要時間>15分
<材料>ナス(中ぐらい)、玉ねぎ、ほか夏野菜なんでも
    片栗粉、小麦粉、油
    《天つゆ》にんにく、しょうゆ、酢、さとう、ラー油
<つくりかた>
 ①ナスと玉ねぎをてきとうな大きさに切る
 ②片栗粉と小麦粉にサラダ油を少し入れ衣をつくる
 ③野菜に衣をつけて、170℃で揚げて、できあがり〜。
 ※天つゆは、三杯酢ににんにくをすりおろしたものとラー油を加える
<コツ伝授>夏バテ防止に夏野菜をたくさん食べるため、酢を少し多めにする
<料理人>マサヨ
d0071154_14501236.jpg

[PR]

by suzu-syoku | 2006-08-29 15:27 | 第2回 2005.07.18